日焼け止めで肌がキシキシする原因はこれでした!

春から夏にかけてのお肌の大敵といえば、紫外線。何も対策なしでの外出を繰り返すと、10代ならまだしも大人の肌にはダメージが大きく、秋冬にも蓄積されたダメージが現れてきてしまいます。これを防ぐ日焼け止めは、皮膚を強力な紫外線から守るという目的があります。そのためどうしても肌に張り付いている必要があるため、SPF値の高いものほど一度塗りでも汗で流れ落ちないよう、粘度が高く肌にくっつきやすい性質を持つため手触りが「キシキシ、ギシギシ」してしまいます。手触りだけならまだ問題はないのですが、実際に日焼け止めをメイクと共に落とすときにも二度洗いが必要だったり、しっかり張り付いたものを落とすためにゴシゴシこすってしまってかえってお肌にダメージが残ることも。これでは何のためにつけていたのか分からず、本末転倒です。キシキシしないようにするには、まずSPF値の低い日焼け止めを選びましょう。「でも、それじゃあ紫外線をブロック出来ないんじゃ?」という心配もあるかと思いますが、そこで一工夫があれば大丈夫です。SPFの低い日焼け止めはさらっとして薄く伸ばすことができるので、一度薄めに塗って少し置いたのちにもう一度塗る、「二度塗り」が可能です。これならSPF値の高いものとさほどかわらない紫外線防御が期待でき、キシキシも軽減されます。もちろん、可能であればお肌には余計な負担をかけないのが一番です。そのためこういった二度塗りの他、日焼け止めの前に下地を塗って洗顔で落としやすくしたり、日傘やキャップ、日陰を歩くなどの工夫も組み合わせる必要があります。お肌のターンオーバーを助けるビタミンを多く摂ったり、お肌の材料アミノ酸のために良質なたんぱく質を食べたりも有効です。繰り返しますが日焼けダメージは蓄積されていくため、若いうちからの対策が年齢を重ねてから差として出てきてしまうものです。お肌に負担はかけず、しかし紫外線はしっかり対策。さまざまな工夫でこれをこなしていけば美しさを保つことが出来るでしょう。