飲む日焼け止め(サプリメント)って安全なの?

日焼け止めといえば直接肌に塗るものが一般的ですが、最近は塗るのではなく飲む日焼け止めも出回っています。これまではモデルやタレントなどの間で使用されることが多かったのですが、ネット通販などで一般の人でも気軽に購入できるようになり、愛用者も増えてきているようです。
しかし、日焼け止め成分を塗るのではなく、飲んでしまうということで安全性はどうなのだろうと心配になるかもしれません。結論から言えば、飲む日焼け止めは口から摂取しても安全な成分で作られているので、心配は無用です。飲む日焼け止めの成分として最も用いられているのは「ニュートロックスサン」という成分でしょう。これは紫外線が強烈に降り注ぐ国、スペインで開発された成分であり、地中海産のシトラス果実とローズマリーというハーブから抽出した成分を合わせた天然のポリフェノールで、紫外線保護作用が高いことで知られています。原材料のシトラス果実もローズマリーも、食品として用いられるものですから安心安全、副作用の心配もありません。
また、ニュートロックスサンの他にも飲む日焼け止めとして用いられる成分で、シダ植物から抽出された「フェーンブロック」があります。このシダ植物から抽出された成分は、アメリカ大陸の先住民が日焼け止めの治療薬として使っていたことでも知られ、飲むことでも紫外線の影響から体を守る効果があることから、飲む日焼け止めの成分として用いられるようになりました。
ニュートロックスサンもフェーンブロックも、天然の植物由来成分が原材料なので安全と言えるのですが、アレルギーを持つ人にとっては注意が必要です。また、病気療養中の人、妊娠中や授乳中の人などは、かかりつけの医師に相談してから飲むようにし、体質的に合わないと感じた人は飲むのを控えるようにしたほうが良いでしょう。
サプリメントとして販売されており、医薬品ではありませんが、説明書に従い用法用量を守って飲むようにすることが大切です。