飲む日焼け止めがシミに効く仕組みについて調べてみた

近年は地球温暖化などの影響により、太陽から地球に届く紫外線の量や強さがだんだん強まってきています。人の体が紫外線を浴びすぎると、日焼けはもちろんのこと、皮膚がんなどの原因にもなり得ます。特に赤ちゃんや幼児など、小さい頃から紫外線を蓄積してしまうと、大人になってから皮膚の疾患や、シミやシワなどのリスクが高まります。そのため、日焼け止めをしっかりと行うことが大切であり、最近では肌に直接塗布するタイプだけでなく、飲む日焼け止めも人気が高まっています。飲む日焼け止めが、体の中から日焼けするのを防止する効果は理解できますが、それに付随してシミに効くことも知られています。では、飲む日焼け止めがどのような仕組みでシミに効くのかを簡単に見ていきましょう。
まずは、そもそもシミが出来る原因を知っておく必要があります。紫外線が皮膚の底にある基底層のメラノサイトに届き、摩擦が起きることによってメラニンが発生します。メラニンが発生すること自体は問題ありませんが、紫外線を浴び続けることにより過剰に発生することで、その色素がシミとなって現れてしまいます。したがって、シミを防ぐためにはメラニンの過剰発生、ひいては紫外線から肌を守ることが重要となります。
飲む日焼け止めは、体の中から働きかけることにより、紫外線が肌の奥まで浸透することを防いでくれます。これによりメラノサイトによってメラニンが過剰に発生することを防ぎ、結果的にシミを防ぐことになります。また、メラニン色素の発生を予防することで、元からあるシミを薄くすることも可能となります。
ただし、いくら体の中から働きかけたとしても、それ以上に紫外線を浴びてしまうと効果がありません。そのため、飲む日焼け止めを用いているからといって、外からの紫外線に対して何らの対策を行わないのはナンセンスです。飲む日焼け止めと、従来の塗るタイプの日焼け止め、日傘や長袖などを併用することも大切です。